​本能 ⇆ 本望

IMG_5279.jpeg

2013年から新島のキンデー宅(前田孫一邸)での作品設置が始まった。キンデーは昔の新島古来の「家」が草に覆われてひっそりそのまま遺されていた。分け入って行くと明日葉の太い茎が触れる。そして抗火石の豚小屋がそこに在った。建材や廃棄された物が小屋を中から支えているように見えたが、それらを除いてみるといやいやどうして石作りの剛健さが現れた。それがキンデー宅との始まりだった。

 敷地には母屋、カマヤカタ、石蔵、豚小屋が配置さている。これらは抗火石で建っている。中でもカマヤカタはかまどと風呂(五右衞門風呂)が備わっている。母屋と別棟とは、そのあらましがとても新鮮だった。湯を沸かし、アメリカ芋を蒸し湯気が立ち上った屋内を思った。

 以来2019年まで6年6回訪れたキンデー。20年は新型コロナ感染症によって訪れることすらできない年になるとは思いもよらなかった。すると重ねてきたキンデーのカマヤカタの記憶が蘇る。

 私は6年の間何を見てきたのか?具現化してみる。

 

それはまたキンデーを訪れた時に私が見えてなかったものを確かめるために。

From 2013, the installation of works began at Kinday's house in Niijima (Maeda Sonichi's residence). On Kinday, the ancient "house" of Niijima was covered with grass and left untouched. As I divide it, I will touch the thick stems of the leaves tomorrow. And there was an anti-firestone pig pen there. Building materials and discarded items seemed to support the hut from the inside, but when I removed them, why did the stone-making robustness appear? That was the beginning with Kinday's house. The main building, Kamayakata, Ishikura, and pig pen are located on the site. These are built of anti-firestone. Among them, Kamayakata is equipped with a Kamado and a bath (Goemon bath). The outline of the main building and the annex was very fresh. I boiled the water, steamed the Sweet potatoes, and thought of the indoors where the steam had risen. Since then, Kinday has visited 6 times in 6 years until 2019. I never thought that 20 years would be a year that I couldn't even visit due to the new coronavirus infection. Then, the memory of Kinday's Kamayakata that has been piled up revives. What have I seen for 6 years? I will try to embody it. It's also to see what I didn't see when I visited Kinday.

​                                              本多 真理子

​豚小屋

キンデー宅

左:1950年代 右:2017年

配置.jpg
横から.jpeg
かまど.jpeg
内部.jpeg

見えないときは 耳をすまそう

見えそうになったとき 聞こえなくなる

もう一度 耳をすまそうよ

限られたとき わかるかな